--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2008'06.11.Wed

ハンガリーの結婚式

030608a.jpg
ブタペストでの結婚式
花嫁の友人は王女様のように本当に美しかったです

友人の結婚式のためブタペストへ行ってきました。
ハンガリー人でカトリックの新婦とハンガリーとドイツのハーフでプロテスタントの新郎との結婚式は、2宗派それぞれの神父様たちのもとで行われました。
030608b.jpg
二人が出会ったころから知っているので、感動も一際でした
030608c.jpg
式のあとは、朝まで続くパーティ会場へ

おいしい食事とワインで語らいでいた人々も時間が経つにつれてそわそわと。新郎新婦が二人のワルツを披露したことを皮切りに、待ってましたとばかりみな踊りだします。おじいちゃんもおばあちゃんも子供達も本当に楽しそうに。
踊らされることを避けるために履いてきたハイヒールも意味を成さず、手を引きづられて踊りの輪の中へ。新郎と新婦それぞれと踊り、知らない人と踊り、みんなで輪になって踊り、汽車のように連なって、踊り歩きと、ダンスは永遠と続きます。

ハンガリーならではだったのは、ゲスト全員が新婦と踊り、ドレスの中におひねり(お金)を入れること。120人近いゲストと本当に踊ったのかは不明。。。。120人は大変ですよね。
全員と踊り終えた新婦は、突然、ある男性に連れ去られる!
新婦を取り戻すためには、女性ゲスト全員と新郎は踊らなければなりません。その前からすでに、ずっと踊っていた新郎は、はぁーはぁーフラフラしながら、新婦を取り戻すために踊り続けていました。
新郎が全女性ゲストと踊り終えると、新婦が帰って来、またみんなでお祝いのダンスを!
これが、朝まで続くのでした。。。
ちなみに、新婦がさらわれるのは、南ドイツバイエルンの伝統的な結婚式の儀式だそう。

結局私が帰路についたのは、朝の4時ころ。でも、これも早いほうだったんですよね。おじいちゃんやおばあちゃんでさえ、まだ踊り続けていましたよ。すごいです。

大盛り上がりのパーティは、朝の6時頃幕を下ろしたようです。
が、
新郎新婦を乗せてパーティ会場にやってきた車に家の鍵を忘れてしまった新郎新婦。。。。。

でも今はコルシカ島での新婚旅行中。きっとロマンティックは休暇を送っていることでしょう。

お幸せに!
2008トラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。