FC2ブログ
--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2006'10.02.Mon

とっておきの道

namiki1.jpg


ダッハウ城のお庭の中にある小道


私には、“とっておき”が前に付くものが沢山ある。その中の一つ、“とっておきの道”がここ。木々がアーチ状になって、私達を温かく迎えてくれる特別な道。ほんの100メートルほどしかないけれど、ここを歩くときはとっても特別で、ちょっとかしこまってしまう私。来るたびに、親近感が沸いてきて、ここに足を踏み入れたとき、心の中で図々しくも“久しぶり!”なんて言っている。きっと赤毛のアンならこの道にすごい名前をつけるんだろうなぁ。


oshiro1.jpg


林檎の木とダッハウ城


お庭には林檎の木がいっぱい!林檎の花が咲く5月、林檎のみがなる8月中旬~9月は、本とに美しい!

2006トラックバック(0)  コメント(4) 
Next |  Back

みっきー

そうだったんだぁ。でも、めひつじさん、ご親切にありがとう。大変お勉強になりました。Hokkaidoかぼちゃは、まぁ言わゆる、そういう歴史的背景で付けられた名前だったということか。でも、なんか変。

そうなんだよね、みんなダッハウ=収容所というイメージが強くって近づかないんだよね。お城のテラスでお茶できるんだけど、そこから見える景色がまたいいんだよ!今度ご一緒しましょう!

2006/10/11(水) 10:36:52 | URL | [編集]

めひつじ

こんにちは
ダッハウといえば暗い歴史を思い出してしまい、どうも足が遠のいていたのですが、こんな素敵な場所があったのですね。是非こんどうかがいたいです。
お体大丈夫ですか?しばらくマジパンは見たくないかも?ですか?
日本の北海道のかぼちゃはいわゆる緑皮の西洋かぼちゃですよ。でちょっぴり調べてみましたら、ここドイツのHokkaidoかぼちゃは、アメリカ人が「栗味だよぅっ」って北海道に伝えたものが、ここヨーロッパにも入ってきたよ。
ってなことになっています。
↓私の解釈あってます?間違っていたら訂正してください。

Den bis dahin in Japan unbekannten Kürbis brachten 1878 US-amerikanische Agrarberater nach Hokkaido. Dort wurde aus der harten und geschmacksarmen Sorte Hubbart des Riesenkürbis der Kuri aji (japanisch etwa für „Kastaniengeschmack“) gezüchtet. Seit den 1990er Jahren wird er auch in Europa angebaut und ist regelmäßig im Handel erhältlich.

Von „http://de.wikipedia.org/wiki/Hokkaidok%C3%BCrbis

2006/10/08(日) 22:30:39 | URL | [編集]

みっきー

でしょ!ミュンヘン市内から電車で20分ほどでいけるの場所なので、ふっと思いついたときに行ってます。人気観光スポットというわけでもあまりなく、人も少ないので、毎回お弁当を持って、ピクニックを楽しんでるんですよ。ミュンヘンに来られることがあったら、ご案内しますよ!!!

2006/10/07(土) 18:12:19 | URL | [編集]

チチ

うわおおおお!!なんて素敵な道なのでしょう!!近くにあれば、ほんとに特別な場所になりそう…物語の中のようですね!
ほんとほんと、アンならかわいくもごつい名前をつけてくれそう♪

2006/10/06(金) 07:55:11 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。