--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2006'11.05.Sun

アジア映画祭 IN MUENCHEN

asiafilmfest.jpg



今週の火曜日から催されているアジア映画祭。とくに、日本・香港・韓国映画好きな私は、とっても楽しみにしている1週間。でも、今回は、とても“男性向き”の内容。というのもアクション・ホラーがメイン、、、。私が見れそうな映画もほんの少しで、その中で時間が合うのは数本のみ、、、。残念。そんなわけで、今まで見たのが邦画2本。


一つは、“SHINOBI”、下山天監督、仲間由紀恵・オダギリジョー主演。この映画を見終わったすぐ後、隣にいた主人に“この映画を選んだ私を恨まないで~!!”と言ったくらい残念ながらよくなかった、、、。真面目な歴史映画かと思いきや、外国をかなり意識したつくりと衣装、加えてCGを駆使しアニメーションチックにもなっている。忍者が妖怪になっていて、ファンタジーチックにもなってるし。椎名桔平の妖怪姿には笑いをこらえ切れなかった、、、。これがコメディならばいいのだが、全く真面目な映画。でもあれはないよなぁ。悲恋のストーリーだろうけれど、方向性が中途半端でまとまりが無かったし、心に訴えられるものも無し。ただ唯一、仲間由紀恵さんがとても綺麗だったなぁという感想のみ。


二つ目は、“嫌われ松子の一生”、中島哲也監督、中谷美紀主演。中島監督の映画は“下妻物語”だけしか見たことがなかったため、大きな期待をしていなかったのだが、その小さな期待を100倍くらい超えた素晴らしい映画だった!本当に素晴らしかった。もちろん、山田宗樹さんの原作も大きな力の一つだが、私の大好きなフランス映画“アメリ”風でもあり、脚本、配役、映像、音楽どれをとっても言うこと無し。松子があまりにも純粋で、馬鹿で、切なくって、、、。久しぶりに、顔がぐしゃぐしゃになるまで泣いてしまった。私だけではなく、観客がこの映画にしっかりと入り込んでいて、映画が終了したときは拍手が上がったほど。ほとんどの人が、映画が終了した後もボーと座りつくしていた。会場が明るくなり、左横を見るとウサギの目をした主人、右横を見ると顔をぐしゃぐしゃにした友人。この映画には色々なつぼがあって、様々なつぼにはまっちゃうんだよね。みんな、色々な過去、思いを持って生きているからね。泣けちゃうんだよね。でも、主演の中谷美紀さま。あなたは素晴らしい名女優です!ブラボー!


というわけで、中間報告でした。

2006トラックバック(0)  コメント(3) 
Next |  Back

みっきー

めひつじさま~!お久しぶり!元気にしてますか?へぇ、でもドラマバージョンもあるんだぁ。知らなかったなぁ。でも、映画は最高だったよ!めひつじさんが狙っていた韓国映画はどれだろう??私も結局、この2本しか見れなかった、、。キューティハニー見れなくて残念だったね。そういえば、刺繍始まったんじゃない??

チチさま~!チチさん夫婦も一緒に泣いたんですね!やぁ、松子の役を演じるには、そうとうの努力と勇気も必要だったことでしょう。でも、本当にあっぱれでした。ドイツ人も感動の渦にいましたぁ。いい映画で出会えてよかったです!

2006/11/07(火) 11:23:13 | URL | [編集]

チチ

嫌われ松子。いい映画ですよね~!!
誕生日に札幌まで出かけていって、だんなと二人で泣きながらみました。中谷美紀さん、この映画制作にあたってずいぶん苦労されたそうですが、その努力あってとても素敵な仕上がりですよね。ドイツでも同じような感動を味わっていただけることが、とてもうれしいです^-^

2006/11/06(月) 01:20:25 | URL | [編集]

めひつじ

こんにちは!「嫌われ松子の一生」やってたんですね。チェックミスでした。というか・・・どれ一つとしていけなかった。せっかく案内をいただいたのに、ごめんなさい。
そっかぁぁ。今、嫌われ松子のドラマバージョンが日本でオンエアーされています。
旦那様が日本の映画に感動してくださるのはホント日本人として嬉しいです。
ちなみに、めひつじが狙っていたのは、韓国映画と日本で見逃した「キューティーハニー」でした。行きたかったなぁ~

2006/11/06(月) 00:46:56 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。