--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2010'07.04.Sun

とにかくアツイ!

03072010.jpg
ドイツ VS アルゼンチン戦後の地下鉄にて

普段はまったくサッカー(スポーツ全般)に興味が無い私も、今回のワールドカップはずいぶんと楽しませていただいています!なんといっても、ドイツが快勝で、ドイツ中がとにかくアツイ!
ドイツチームのトリコットはもちろんのこと、国旗を身にまとった人たちなどなど、ドイツ国民であること意識してしっかりとアピールしています。
ワールドカップの熱だけではなく、先週からドイツもぐぐっと気温が上がり、しばらく顔を見せていなかった“夏”が再来。
日本とは反対に、全く安定しないドイツの気候。明日は10度以下ということもありえるので、夏日にはここぞとばかりに、野外へ。それに、夏のサンドレスもこういうときにしか着れませんからね。

私も先週に続き、今週末も湖へ。
水はかなり冷たくて、膝までしか浸かれませんでしたが、やっぱり水辺って気持ちがいいものですね~。木陰でのお昼寝は、最高!!自然のなかでしっかりと癒されましたぁ~。

03072010b.jpg

さてさて、ワールドカップというドラマはどう展開していくのでしょう。。。。。
スポンサーサイト
2010トラックバック(0)  コメント(-) 
2010'06.20.Sun

夢のような一日


 20062010d.jpg

20062010e.jpg

こんな天国のような日もあったのです。。。


通常ならば、6月は素晴らしい天気に恵まれているはずのここドイツ。。。
この寒さはなんなのだ~!!!!

今日は最高でも11度。しかも、もういつ頃からかはわからないくらい、雨が降っている。。。。雨が嫌いなわけではないし、雨にぬれた木々はとっても好きだけれど、もういい加減に飽きてきました。
やっぱり、すっきりと晴れた青空のしたのお散歩ほど、幸せにしてくれるものはありません。

ずいぶんとブログを更新していませんでしたが、5月末~6月の初旬まで、相方の両親が住む北ドイツへ行ってきました。
ラッキーなことに、北ドイツ滞在3日目から素晴らしい天気に恵まれ(南は豪雨に見舞われていたと言うのに)、最高に晴天だった一日、“石楠花公園”へ行ってきました。

この季節、北ドイツ全体に石楠花の花が美しく咲き誇っていますが、この公園、本当に素晴らしかったです。
とにかく広くって、全部を見ることができませんでしたが(自転車で回るのが一番です)、花の香り一杯に包まれた森は、なんだか別世界に来たようでした。

20062010b.jpg


20062010c.jpg

高さも横幅も3メートル以上はあります!

20062010a.jpg
5月末から6月にかけて北ドイツへお出かけの方は、是非是非足を運んでみてください。英語で表記されているサイトも見つけましたので、参考にして下さい。こちら
2010トラックバック(0)  コメント(-) 
2010'05.20.Thu

Tushitaイベントのお知らせ

20052010.jpg

ミュンヘン中心地にある紅茶専門店・カフェ Tsushitaにて、下記の日程にてイベントが開催されます。新茶の紹介や、お茶会、尺八・琴の演奏などが予定されています。
このイベントでは、ミュンヘン在住 刺繍作家 井出祐理子さんの作品も展示されています!!
お時間のある方は、是非、足をお運び下さい!!

日時: 521日(金)、22日(土) 10時~20

場所: Teehaus  tushita

    Klenzestr.53  80469, München

    TEL : 089 189 755 94

2010トラックバック(0)  コメント(0) 
2010'05.15.Sat

Weissstickerei


09052010.jpg


Schlesische Weissstickere (シュレージエン地方の白糸刺繍)

ミュンヘンの中心地で唯一存在していた刺繍屋さん(3月末で閉店してしまいました。。。)で偶然見つけた興味深い広告。それは、東側ドイツの伝統工芸についてのパンフレットだったのですが、その中で、ずっと気になっていた白糸刺繍のコースを発見!即、申し込み4週間前から通っています。
今現在はポーランドとチェコに属する地域で、かつて、一部分はドイツ領土でもあったシュレージエン地方の歴史深い刺繍。ヒルシュベルグ地方のニードルレースの技巧も取り入れられたこのシュレージエン白糸刺繍は、ヨーロッパの貴重な7つの手仕事の一つに選ばれているのだそう。

私の先生は、80歳を超えるとてもかわいらしく、おしゃれで、バイタリティー溢れるマイスター。この先生にお会いできただけで、満足な気分の私。最初にお会いしたときは、あまりにもキラキラと輝いていらっしゃる先生についつい見とれてしまいました。
今もなお、情熱を失わず新しい作品を作り続け、また、忘れられつつあるこの美しい伝統工芸をもっと多くの人に知ってもらい、広めていこうと、幅広く活動されています。
そんな素敵な女性に教えていただいていますが、今は、先生に見とれている暇もなく、5種類の刺繍、9種類のニードルレース習得に勤しんでいる私です。



2010トラックバック(0)  コメント(-) 
2010'04.14.Wed

イースター休暇の一日

140410q.jpg

イースター休暇も終わり、またいつもの毎日。
のんびりとイースターを過ごしましたが、一日だけ、別世界へ旅してきました。
というのも、シュタイフ博物館。

シュタイフの創設者 マーガレット・シュタイフが生まれ育った町、Giegen an der Brenzという小さな町に博物館があり、ミュンヘンから車で行くこと2時間。
“ぬいぐるみの博物館って、こどもにとっては退屈なのでは??”などと余計なことを考えていたりもしていましたが、さすがシュタイフ!子供も大人にも楽しめるシステムで、ただの博物館というよりも、アミューズメント博物館!という感じでした。アトラクションのガイドでシュタイフの歴史も知ることもでき(日本語でのガイドもあり!)、年代ごとの人形達の展示、製作工程についてや道具の紹介などなど、シュタイフの全てが紹介されていました。
140410w.jpg

博物館を出るとこちらの建物。“テディベアー病院&スパ”という看板。残念ながら休日だったため閉まっていましたが、破れたり、壊れてしまったテディの修繕、トータルフェイスケア(目や鼻などを入れ替えたりもできるらしい)、洗濯などなど、さまざまなケアが受けられるようです。
“テディクリニック”は、ミュンヘンにも数件ありますが、ドイツ人にとって、ぬいぐるみの存在の近さ、歴史の深さを感じさせられます。

次に行くときは、このクリニックと、博物館の裏にあるシュタイフ工場を是非見学してみたい!!!と切に願うのでした。
2010トラックバック(0)  コメント(-) 
2010'03.24.Wed

ニュルンベルグでの一日

240310e.jpg
こんな日は、ひなたぼっこにかぎるねぇ~



素晴らしい春空のもと、早朝から張り切って、ニュルンベルグへ行ってきました!

目的はというと、ずっと行きたくて、行けていなかった“ニュルンベルグおもちゃ博物館”。ニュルンベルグは、おもちゃの街としても有名なので、必ず行きたい!!と常々思っていながら、早8年、、、、。
でも、8年待った(??)甲斐もあり、本当に言うことなしのお天気。

ニュルンベルグまでは、鈍行列車REで1時間40分。電車に乗っている時間も好きなので、早めに行って、いい席をゲット。電車の旅は、やっぱりいい!飛行機と違って景色が見れるし、車と違って、本が読めるし。

中央駅から街の中心地までは、徒歩で10分程度。Informationで地図をゲットして、いざ!

240310f.jpg

240310d.jpg

240310c.jpg

第二次世界大戦で街の90パーセントが焼き尽くされたニュルンベルグ。終戦後、戦前の街の姿に復興されたのだそう。坂が多く、街の中心にはペルニッツ川が流れ、風情豊かな美しい街。あらためて、好きになりました。

おもちゃ博物館は期待以上で、さすがおもちゃの街だけあり、バラエティ溢れる素晴らしいコレクション!!!匠の技、美しい芸術作品の数々に、ただただ感動。
しかも、見るだけではなく、実際遊ぶことも体験でき、4階までつづく展示をゆっくり楽しんできました。もうこれは、癖になりそう!来月も!と既に計画中。

博物館で満喫した後は、街探索。美しい春空の下、ただただ時間も気にすることも無く、ぶらぶらと歩くことの贅沢さ。たまりません!

でもでもなんといっても、このカップルに出会えたことは貴重でしたぁ。

240310g.jpg

贅沢にも二人だけのスペース。ニヒルなおサルに寄りかかるなんとも〇〇なウサギ。
ライトの当て方最高!
2010トラックバック(0)  コメント(-) 
2010'03.10.Wed

いよいよの季節

110310a.jpg

やっぱり春はいい!

私が待ち望んだ季節。イースター。春はやっぱりエネルギーに満ち溢れていて、今にも咲き誇らんばかりに膨らみ,芽吹き始める花々、春の訪れに喜ぶ小鳥達のさえずり、日照時間も日に日に長くなり、世界がぱーっと明るくなる。

“弥生”の“弥”は“いよいよ”。

そして、イースターは“復活”。

イースターといえば、ウサギ・たまご=“繁栄”。

この素晴らしい季節のエネルギーを吸収して、前進していきたいものです。



私には、合計7人の甥っ子と姪っ子がいます。私にとっては、宝で、私を元気にしてくれるエネルギー源でもあります。子供達が、何気に投げかけてくれる言葉に、どんなに救われることか。学ばされることが多々とあります。

今日もまた、その一人に勇気付けられました。
小5の彼が書いた詩。

未 来

 
未来とは切り開いていくもの
 
世界中の人間一人ひとりが成長して

最高の未来を作り上げる

 止まっていてもしょうがない

 ただただ時がすぎるだけ

 つきすすめ

 つきすすめ

 未来はぼくらが作るんだ





110310b.jpg


2010トラックバック(0)  コメント(-) 
2010'02.12.Fri

白銀の世界

120210a.jpg
カイを探してゲルダはこのような果てしの無い道をさまよったのだろうか
とアンデルセン童話“雪の女王”の世界にいました

こんなにも雪が降り続けるのも数年ぶりなのかもしれません。
都会(ドイツでは)であるミュンヘンも雪に覆われてまぶしいほどの白銀の世界が広がっています(交通機関は乱れていますが、、、)。
先週末は、相方の祖母を訪ねて、ミュンヘンから200キロほど離れたOberpfalz地方にあるWildenreuthという小さな村に。谷間にあるこの村の積雪量たるや、九州の島出身の私にとって見たらびっくり仰天でした。北海道・東北・山陰はもっとすごいんでしょうね。。。
でも、私の目には全てが新鮮で、激寒の中、しばらく白銀の世界にずっしりと浸ってしまいました。

120210b.jpg
車を出すだけでも大変な作業

 120210c.jpg
雪の世界を知らない私は家々が立ち並ぶ脇の歩道を歩いて、上を見上げるとびっくり。突き刺さるようなツララがあちらこちらに!!!
村の人々はもちろん、道路の真ん中を歩いていました。
2010トラックバック(0)  コメント(-) 
2010'02.03.Wed

美味しい1週間

030210a.jpg
寒中お見舞い申し上げます

冬らしい冬を迎えているここミュンヘン。春の足音はまだまだ聞こえてこず、これからもずいぶんと冷え込むみたいです、、、。


寒いのは苦手な私ですが、雪景色は大好きだし、なんといっても、寒ければ寒いほど暖かいお料理が心を和ませてくれます。
先週は、美味しいお料理と楽しい時間を満喫。
ずっと通っている中国語のクラスのみんなとその他3クラスとの合同で、“中国料理作り!!”を楽しんできました。みんな、グループに分かれて、作りたいものを作り、みんなで試食会。
私は、クラスメイトでもある友人と二人で“麻婆豆腐”。しかも、お肉なしのベジタリアン風。お肉からでる旨みがないとどうかな???と心配しましたが、とっても美味しくでき満足。
他のグループも悪戦苦闘しながらも、素晴らしい料理を作ってくれました!
030210b.jpg
白いエプロンをしているグンターは、“コレアンダーと豚の耳”の前菜を作ってくれました!コリコリとした豚の耳は、なかなか美味。でも、他のクラスメイト達は、なかなか手をつけず。。。。
030210c.jpg 030210d.jpg
17人で食べきれないほどの量!でも、どれもこれも本当に美味しくって、みんな何度も席を立って食べ続けていました。

“中国料理を作ろうの会”は、大盛況に終わり、次のセメスターでは既に第2回目の予定が組まれているのだそう。楽しみ!


そして、週末は友人との新年会。御節やお鍋でお腹いっぱい母国の料理を満喫(涙)。幸せな一週間でした。
020310e.jpg
2010トラックバック(0)  コメント(-) 
2010'01.19.Tue

海は広いな大きいな

190110.jpg

しばらく逃避行していました



ずいぶんと遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。

先週、ミュンヘンに戻り、今やっとで体がいつもの生活ペースになり、落ち着きました。

ここミュンヘンもクリスマス、お正月の一大イベントが終わった今、落ち着きを取り戻しつつありますが、次に迫っているお祭り“ファッシング=仮装祭り”に向けて盛り上がりつつもあります。その後には、私が大好きなイースターの季節!楽しみです。

私はというと、今年から新たなことにはまっています。

それは、日記。

今までも、“日記を書くことはいいことだ”などといって、チャレンジしたことも何度かありましたが、全て3日坊主。でも今回は、“書こう!”と決めたわけではなく、“書きたい!”と自ら思い、朝起きてから、寝るまで、時間を見つけては綴っています。
自分の思いを“文字”という形にして表現することは、私の“心”にとてもいいようです。
それに、私の相方は全く日本語が読めませんので、誰かに読まれる心配もありませんしね。

徒然なるままに。。。。

2010トラックバック(0)  コメント(-) 
2009'12.26.Sat

良いお年を!

261209a.jpg
人口250人の小さな村でのクリスマスのミサ


新年が皆様にとって、素晴らしい一年でありますように。

今年も本当にお世話になりました。


毎年恒例で、Oberpfalz地方のWeidenから30キロほど離れた小さな村に住む、相方の祖母と叔父を訪ね、北ドイツに住む両親、妹も集まって、クリスマスを祝ってきました。
牧師でもある叔父が司るミサ。お話の間の聖歌は村の人々による生演奏。牧師である叔父もお話が終わるとトロンボーンを弾き、またお話、またトロンボーンと、二役をこなしていました。素敵でしたよ。

家族がばらばらに住んでいるため、皆で集まることは、一年に一度のクリスマス。これからもずっと、みんなそろってお祝いができることを願うばかりです。聖なるクリスマス。心を静めて一年を振り返るいい時間でもありました。


12月13日に行われたGolockenbach Weihnachtsmarkt ハンドメイドイベントが大盛況のうちに終わりました。例年の会場とは違い、大きなホール。部屋が区切りれて入ることも無く、配置も雰囲気も良く、私もなかなかいい場所をいただきました。
ちょうど二つの地区の間に会場が位置してるからか、すごい来場客!人が集まってくれて、感謝感謝。私のスタンドも沢山の方が見に来てくれて、とても幸せでした。ぬいぐるみたちも嬉しそうでしたし、来てくださった方々も、笑顔を浮かべ、楽しそうだったし。満足の一日でした。
261209b.jpg
皆さん、準備に大忙し

261209c.jpg

このイベントを通して、一番心に思ったことは、相方をはじめ、友人達に支えられて私が在ることを実感しました。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとう!!!!

2009トラックバック(0)  コメント(-) 
2009'12.10.Thu

Glockenbach Weihnachtsmarkt

GWM09_flyer_final_091113_VS.jpg

今年で3回目の出店となるミュンヘン、グロッケンバッハクリスマスマーケットが今週の日曜日に開催されます。ハンドメイドのものだけが販売され、洋服からアクセサリーなどなどバラエティ溢れる作家さんたちの作品が大集合!入場も無料ですので、見るだけでも楽しめると思いますよ。ミュンヘンに在住の方、ミュンヘンへお越しになる予定の方、是非足をお運び下さい!

Glockenbach Weihnachtsmarkt
場所:Muffathalle 
          Zellstr. 4, 81667 München
日時:2009年12月13日(日)12時~20時




今年もクリスマスをテーマにしたシュタイフワールドがミュンヘン中心地に位置するデパートの入り口にて展示されています!やっぱりユーモアと夢があっていいなぁ。

ガラスにへばりついていた私です。

101209c.jpg

101209a.jpg

101209b.jpg

101209d.jpg
2009トラックバック(0)  コメント(-) 
 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。